Quality of Life by JUNA|料理(保存食)
FC2ブログ

Quality of Life by JUNA

JUNAっちの家族を笑顔にする毎日のごはん&すっとこどっこい日常劇場! JUNA節&JUNA撮りおろしの写真でお楽しみ下さい♪ 

ume-s108091.jpg


昨日、やっと梅を干しましたっ。


ume-s20809.jpg


今年は、こんな網カバーがついた

おっされな梅ざる使ったわよ。





ざるがオサレなんだから、あーた、


・・・・・・・


あたしも負けちゃいられないわ。


もっちろん、梅を干すあたしも、最新ファッション・・・・


norabou1.jpg


ブルーの花柄の愛らしいのら帽♡

おくさん、このあたりじゃ、めっちゃおされ度高い帽子だわよっ。

※JUNAっち、めっちゃ後頭部ぜっぺきやん・・・っていうコメは受けつけまへん。

norabou2.jpg

ほんとに、この「のら帽」っちゅーのはすぐれもので、

暑さ対策、日差し対策、ファッション性、どれをとってもぴか一っ♡

近所の、農家のおっさんたちの間じゃ

アイドルですよ、アイドルっ!!





こんな悩殺ファッションで、張り切って梅を干ほしたのに、




1時間後、



分厚い雲がやってきました・・・・・・・・・。




結果




悲しく梅をしまいましたっっっ  





一からやりなおしだわぁ・・・・・・・・






JUNAっち、梅との戦いはまだまだ続く。




JUNAっち、のら帽ファッションもまだまだ続く。








↓ それぞれポチッと応援して頂けると嬉しいです^^

  ファイブ ブログランキング


【当ブログの訪問・コメント返し・リンクについてはこちらをご覧になってね】


【☆コメレスコーナー☆】
ichigo-box2.jpg

ど~んと1.8キロ弱のこのイチゴ☆

500円だった~

この時期からゴールデンウィークにかけてちょっと糖度が低いイチゴや形の悪いイチゴ、
熟しすぎたイチゴなんかが寄せ集められて、格安で売ってるのよね^^

ってことで、ジャム作り♪


全部洗って、ヘタをとって、痛んでいるところも取り除いて、水気をしっかり取る。

ichigo-w.jpg

で、計量すると 1650g

はて、砂糖の量をいかほどにしましょうねぇ。。。

この頃じゃ甘さ控えめのジャムなんていうのもけっこう流行っているんだけど、
なんせこの量じゃない??

・・・長期保存前提だわね。

保存を考えた場合、イチゴ総量の50%以上は砂糖を入れたほうがいいと思うのよ。

昔ながらのジャムなんかは、イチゴと同量の砂糖を入れたりもするのよね。
つまり100%ってこと!すんごい甘いわ、たぶん。

逆に甘さ控えめのジャムなんかは40%とか、それを切ってる場合もあると思うの。
もちろんイチゴ自体の糖度が高ければ、お砂糖の量を減らしてもいいと思うし・・・。

悩みに悩んで・・・・

間をとって、60%程の砂糖量に決定!

ってことで、1650gのイチゴに対し、1kgのお砂糖一袋を使うことにしたわ。

私は普通の上白糖を使用。(グラニュー糖でもいいわよ。ちょっと高いけど。)

あとは大き目のレモン1個分の果汁を用意。

ichigo-sug.jpg

まずは家で一番深い鍋を用意!

ルクで出来れば良かったんだけど、この量のイチゴが入るわけがないっ!

深鍋に、洗って水気をきったイチゴを入れ、分量のお砂糖をどーんとまぶして
3時間くらい置いておくのよ。

そうすると・・・・・

ichigo-2af.jpg

イチゴから水分が出てくるの。

こうなったら、火にかけるのよ^^

ichigo-co1.jpg

強火でOK。煮ていくうちにどんどん水分があがってくるわ。

ichigo-co2.jpg

こんな風にね。

これ、20分くらいたったところかしら。。。。

こうやって上に白いアクがたくさん出てくるの。

とにかく、これを、すくって、すくって、すくいまくって♡

これを丁寧にすくいきると

透明度の高いキレイなジャムに仕上がるから。

アクが取れ切れたら、レモン果汁を全体に入れ、少し火を落とします。

あとは、自分の好みのとろみまで煮るだけ。

火を落とすって入っても、とろ火ではないわ。
フルーツ系のジャムはダラダラ煮てしまうと風味が損なわれるので、
あくまでパパっと煮て、とろみを付けるという感じです。

注意するのは、高温だとサラサラした感じに思えるジャムも、冷めるとトロっとなる点。
そこを考慮して最後の仕上げ煮込みをしてね。

私は始め強火で20分。レモンを入れた後、中火で15分ほど。
そのあと、ちょっとだけ火を落として10分ほどって感じです。
(このいちごの量での時間なので、少ない場合はぐっと時間を減らしてね~。)
火が強めなので、焦げないように気をつけましょう。


そうそう、合間に保存するビンの煮沸消毒忘れないでね^^

消毒したびんにジャムを入れたあとの処理はこちらを参考に→

str-jam-bn.jpg

はい、いちごジャム完成♪

大小さまざまなビンが5~6本できたわ。

砂糖60%なので、けっこう甘いわよ。

プレーンのヨーグルトに入れると最高♡

str-jam-sp.jpg

とろみはこのくらい。伝わるかなぁ~^^;

私はサラサラのジャムはそんなに好きじゃないので、

ボテっ♡ていう感じよ。

サラサラが好きな人は、煮詰める時間を少なくしてね。


早速このジャムで・・・・

str-j-bre1.jpg

「イチゴジャムパン」

本当は中にイチゴジャムを包んだパンにしようと思ったんだけど
ジャムが見えないのもなんかなぁと思い、ジャムを上にのせたパンに・・・。

※パン生地は、強力粉少な目のふわふわ系。
水は使わず牛乳を使ってます。砂糖、バターは普通の食パンと同じ。


st-bre-pro1.jpg


はい、成形は写真をヒントに妄想してね♡

ベーグルに近い感じだよ^^

あとは、アルミカップに入れて、ジャムをのせるの。



・・・・・・・・案の定、ジャムがたれた

でもって、パンが汚くなったため、

不本意なデコレーション

str-j-bre-up.jpg


いちごも、レモンも、アーモンドも、ミントも



・・・・・・・・・・・・


食べるとき邪魔やねん



みんなは、デコなしで作ってな


いや、そもそもジャムは中に包んだほうが正解やと思うで


パンとジャムだけで十分幸せやからっっ


(チェリーちゃん風にしてみた^^、おい、チェリーよ、あたいの愛は届いてるかい?)




↓ それぞれポチッと応援して頂けると嬉しいです^^

  ファイブ ブログランキング


【当ブログの訪問・コメント返し・リンクについてはこちらをご覧になってね】


【☆コメレスコーナー☆】は続きを読むで→
※昨日のコメレスをこちらで、おとといのコメレスは昨日の記事最後に付けておきます。

⇒続きを読む

hurikake.jpg


今日は自家製のふりかけを紹介するわ♪

ふりかけって、今では市販品もバラエティーに富んでいるし、もちろんおいしいんだけど、
やっぱり素朴な手作りのお味っていうのもねぇ、なかなか捨てがたいのよ^^


************************************

私は、自分で梅干を漬けるんだけど、
その時にたくさんの紫蘇の葉も出来上がるの。(紫蘇は赤紫蘇を使っています。)

漬け終わった直後は、その紫蘇もまだしっとりしていて酸味も強いんだけど、

5年くらい寝かしておくとね・・・・・

ume-siso1.jpg

こんな風に梅干色の塩の結晶がついて、

乾燥してくるのよ。


これ、すっごく塩が吹いてしょっぱそうに見えるけど、食べると案外しょっぱくないのよ^^
時間がたてばたつほどまろやかにもなって、
そりゃ、おにぎりの具なんかには、最高の1品になるの。

一応ビンから取り出した写真も撮っておいてのでのせておくわ。

ume-siso2.jpg

↑こんな感じよ~。これだけでご飯3杯行けちゃうわよ(笑)

でね、このぐらい乾燥したときが、

「自家製ふりかけ」にする一番いいタイミングなの!

(乾燥した時が売れ時なんて、うらやましいわねっ。)


この乾燥した紫蘇の葉を適量と、あと、塩昆布

一緒にフードプロセッサーにかけるのよ。

割合は紫蘇の葉3に対して、塩昆布は1くらい。

ガーーーーーーーーーーーっとね、一気にガーーーーっと!

で、いい感じにこなれたら、最後に白ゴマを足して和えるだけ。

この塩昆布とのコラボがたまらないのよ。
塩昆布がねぇ、にくいほどいい仕事してくれるの。

我が家では人気のふりかけなのよ^^
これを一応熱湯消毒したビンに入れて保存。

ごま塩も一緒に作って、二つのふりかけ完成よ^^

ちなみにごま塩は、とっておきのいいお塩をフライパンで炒って、パラパラにしてから
白ゴマ、黒ゴマを適量くわえて、さらに炒り、香ばしい匂いをたてたらOK。
よーく冷ましてから、ビンに保存よ^^
(お塩は鎌倉の職人さん手作りのお塩を使わせて頂きました。)


***************************************


この二つのふりかけ、食卓でいろいろ活躍してくれるの。

otyazuke-hurikake.jpg

この自家製ふりかけを使ったお茶漬け☆

これねぇ、まじで最高なのよぉ^^

ごはんに、ごましお、紫蘇&塩昆布のふりかけ両方を適宜かけ、
大葉、海苔、柚子こしょうをのせて、昆布茶をそこに注ぐのよ。

飲んだ後なんて、あーた、最高よ、これ。
食欲がない時も、これならサラサラっと食べられちゃうの。

忙しい朝にもお勧めだわ。

natto-hurikake.jpg

紫蘇&塩昆布は、こうやって納豆にかけるもうまいっ。

このままよく混ぜて、熱々のご飯に乗せて食べたら、あーた、
うますぎて倒れそうなくらいよっ。

なんだが納豆が一段階どころか相当ジャンプアップした食べ物になっちゃうのよ^^

ほか、チャーハンの具として炒め物に使ったりだとか、
野菜のドレッシングに混ぜ合わせたりもするの。

なくなってもまたすぐフードプロセッサーでガーーーっとすれば出来るのでいいわぁ。


うちにはかかせないお料理のアイテムよ^^


なかなか、こういう乾燥した紫蘇の葉にめぐりあうことは出来ないかもだけど、
市販品でもこういうものがあれば、できないことはないと思うわ。

ま、無添加ってわけにはいかなくなっちゃうけど・・・。

何か機会があれば、簡単なので、

ぜひお試しあれ~♪


お試しあれ~って、チェリーちゃんもコメント欄で突っ込んでるけど、
塩吹き紫蘇、そうそう簡単に手に入らないわよね^^;


レシピブログ「朝ごはんレシピ♪」参加中!



↓ 以下ランキングに参加中です。 クリックすることで順位が上がりますので、
  おいしそう、作ってみたい、なんて思っていただけたら、
  ポチッと応援をよろしくお願い致します♪



ファイブ ブログランキング
  



【当ブログの訪問・コメント返し・リンク・ランキングの考え方についてはこちらをご覧になってね】


【☆コメレスコーナー☆】は続きを読むで→

⇒続きを読む




人気ブログランキングへ

子育てスタイルにも参加中♪

各バナー、リンク先をクリックして頂く事でポイントとなり、順位に反映されるシステムになっています。

banner_pink.jpg  


現在の閲覧者数:

JUNA

Author:JUNA
夫と小学生の娘との3人暮らし。。。

お料理、ハンドメイド、ガーデニング、一眼レフカメラなど、そんな家族との日々の中でわたくしJUNAが、 生きがいや心の豊かさを感じられるものたちを書き綴っています。

大きな手術をしてから、日常をとっても大切に思うようになった私です。そんな気持ちが、このブログで伝えられたらいいなぁ・・・・って思っています♪

(c) 2012 JUNA STUDIO All Rights Reserved.

このブログのすべての文章の文責及び著作権はJUNAに帰属します。
文章・画像の転載・引用はご遠慮下さいませ。

特に、レシピの転載はお控え下さい。

JUNAの過去の作品はこちらから↓

banner.jpg

目次はこちらから↓

mokuji-b.jpg

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


最新のお知らせ
★「はなまるマーケット」(TBS)に出演させていただきました。
(2012.8.30)
紹介レシピ:「和風キーマカレー」

★「我が家のネットごはん2」(NHK)で、「豚肉ときのこのトロっとポン酢炒め」 を紹介していただきました。
(2012.8.26)

★「女性セブン」(小学館)にて、夏の疲れた体にやさしいレシピを3品紹介させていただきました。
(2012.8.9)

★日経ウーマンオンラインさんの「夏疲れ解消!食欲回復お酢レシピ」の特集で「酢でさっぱり☆白菜と鶏ひき肉のトロトロスープ」を紹介していただきました。
(2012.8.8~)

こちら→

★子育てスタイルさんの、夏休みのお昼ごはんという特集で「さっぱりトマトの冷製パスタ」を紹介していただきました。
(2012.7.11~)

2012summer_ba.jpg

★レシピブログさんの「レシピグリーティングカード」で、「野菜も一緒に楽しむハンバーグ☆バターしょう油ソース」の写真を紹介していただきました。
(2012.6.4~)

★レシピブログさんにて殿堂入りをさせていただきました。
(2012.5.15)
インタビュー記事はこちら

300x90a.jpg

★「まいにちお弁当日和3」(イカロス出版)にインタビュー記事を載せて頂いています。
(2012.4.12)

★WEBサイト「XーBRAND」にて、“2段のお弁当箱で作る 素敵女子の「幸せ弁当」”という特集をさせていただきました。
(2012.4~)
関連サイトはこちら

★「steady」4月号(宝島社)にて、お弁当を3点とお弁当作りのノウハウを掲載させていただきました。
(2012.3.7)

★香取慎吾さん司会の「SmaSTATION!!」(テレビ朝日)23:00~に出演いたしました。
「白菜と豚肉のこくまろ鍋」を紹介させていただきました。
(2012.1.14)
 
過去のものはこちら一覧よりご覧下さい。
************

連載

★レシピブログさんにて連載をスタートしました♪
「ちょっとの工夫で家族がよろこぶ、JUNAごはんと盛りつけのススメ」(2011.8.3~)


★ラッピング資材、製菓資材等を取り扱う『cottaコッタ』さんのサイトにて連載スタートしました♪
毎月第一月曜日更新!
『JUNAっちの食卓へようこそ!』
(2011.3.7~)



★『cottaコッタ』さんのモニターブロガー企画に参加中。




(2009.8.13~)

★料理情報誌サイト「クイッキング」さんにて、お野菜を使ったレシピ連載全20回を担当させて頂きました。
「Quicooking からの挑戦状」というコーナーにて♪
(2009.7.29~2010.5.12)
第1回目(なめこの冷製パスタ)
第2回目(なすのお浸し)
第3回目(トマト&チキンカレー)
第4回目(ニラキムチ丼)
第5回目(お野菜バスケット)
第6回目(おかひじきのパスタ)
第7回目(鶏肉と落花生とさつまいのもバターしょう油炒め)
第8回目(ふろふき大根☆柚子味噌ソース)
第9回目(カラフル野菜とくるみのサラダ)
第10回目(オーブンでお手軽☆ネギの豚肉巻き)
第11回目(ふわふわキャロットシフォンケーキ)
第12回目(春菊とレタスの和風サラダ)
第13回目(きんぴら風五目炊き込みご飯)
第14回目(大和芋のフリッター)
第15回目(プチトマトのファルシー)
第16回目(菜の花と春キャベツのレモンペッパーパスタ)
第17回目(じゃがいもときゅうりのピリ辛炒め)
第18回目(トマト&バジルの簡単ソースdeオムレツ)
第19回目(香味野菜でしゃきしゃきサラダ)
第20回目(みつき芋deスイートポテト)

「クイッキング」さんのサイトの「主婦ばんざい」というコーナーで当ブログを紹介させて頂いています。
top-picture4.jpg (2009.5.11~)

★群馬県の地域情報誌「スマイフ」にてお料理レシピを毎月紹介させて頂いています。
(毎月10日発行、2009年5月10日より第1回スタート)
スマイフさんのホームページはこちら→

名前:
メール:
件名:
本文:

注意:読者の方から頂いたメールでの料理への質問には、記事内のコメレスコーナーにてお答えさせて頂いています。コメントから頂いたほうがレスが早くつきますので、もしよければそちらをご利用下さい。基本的には対個人へのメールでのお返事はしておりません。仕事関係のメールのみ返信させていただいております。ご了承下さい。

juna-a.jpg

1666.jpg

QR



bnr_aba2010_alphaj.gif