Quality of Life by JUNA|2010年04月22日
FC2ブログ

Quality of Life by JUNA

JUNAっちの家族を笑顔にする毎日のごはん&すっとこどっこい日常劇場! JUNA節&JUNA撮りおろしの写真でお楽しみ下さい♪ 

to-hu-hanb1.jpg

「豆腐ハンバーグ」


この間コメ欄でブロ友ちゃんが、「今日はJUNAっちの豆腐ハンバーグ作るね~。」

と言ってくれて

そういや、そんなメニューあったなと私も作る(笑)



ええ、自分のレシピに何があるのか全く把握してませんですよ。

忘れているもの多々あり(笑)


to-hu-hanb2.jpg

久々に作ったけど、やっぱ豆腐ハンバーグうまいね~♡


レシピはこちら → 






今日はお料理のお話はこれでおしまい。


続きは「おばあちゃん」にまつわるお話です。


少々長いので、お時間のある方、どうぞ^^



*************************************************



今話題の「トイレの神様」

みなさん、もう聞いたかしら。

亡きおばあちゃんへの思いを込めた長い歌。

私はじめて聞いた時、号泣したわよ。

昨日もテレビで流れていたけど、やっぱり号泣。

何度聞いても号泣。

おばあちゃんを亡くした方なら、きっと共感する想いがあるはず。



おばあちゃん。

私にはおばあちゃんにまつわる「後悔」が二つあるの。




ブログにも過去に少し触れたことがあったかもしれないけど、

私が背骨の大きな手術をした後、自宅で療養中に

おばあちゃんが私の家まで、遠いのに自転車をぶっとばして来てくれたことがあったのよ。

おばあちゃんからしたら相当の距離。

でも免許なんてないから、自転車で必死に走ってきてくれたってわけ。



でも私

その時、いろーーーーーーーーんな人生の歯車が狂い、苦しくてたまらなかった時期で

人を受け入れることができなかったの。

それがあんなに大好きなおばあちゃんであっても。



私、おばあちゃんが汗だくで向こうに立っているその玄関のドアを

開けることができなかった・・・・・。

開けておばあちゃんに会うことができなかったの。

おばあちゃんはだまって帰って行ったわ。

玄関におかしの袋だけを置いて。

30過ぎた大人にお菓子の袋・・・。孫はいつまでたっても孫なのよね。






その後すぐ、おばあちゃんが入院し手術したと知ったわ。

末期のがん。

がんで体がしんどかったはずなのに、自転車に乗って

私のところまで来てくれたってことだったのよ。

病院へ慌てて私が行った時は、もう驚くほどやせ細っていて

本当におばあちゃん?って思ったほど。

会ってすぐ、

「あのとき、ドアを開けられなくてごめん。」

って言いたかったのに、

言いたかったのに・・・・・

やっぱり言えなくて・・・。

そんなうつむく私に

おばあちゃんは

声を振り絞って

「あああ、体は大丈夫かい? あああ、元気になってくれてよかった。あああ、会いたかったよ。」

って言ってくれたの。

体中痛いはずなのに。

ほんとは私がまず大丈夫って聞かなくちゃいけないのに・・・。

私は泣くのをぐっとこらえて、病院を出たわ。

で、立ち直らなくちゃって心がふるえたの。




でも、結局おばあちゃんは天国へ。




私、まだ立ち直ってないよ、ってすぐに思った。

立ち直って、

ちゃんと立ち直った自分でおばちゃんに会って、

「あの時来てくれてありがとう。」

って言いたかったのに。



結局言えないで終わってしまった。



そもそもどうしてあの時

玄関のドアを開けなかったんだろう。

あのドアの向こうに、おばあちゃんの愛が溢れていたはずなのに。

どうしておばあちゃんに抱きついて

心の内を聞いてもらわなかったんだろう。

きっとおばあちゃんはいつもの笑顔で

「なんとかなるよ。」

って優しく言ってくれただろうのに。




おばあちゃん、ごめん。



・・・・・・

一生悔いが残るよ。

ちゃんと立ち直ったことも見せられないまま・・・。











もう一つの後悔。






これはJUNA夫のおばあちゃんへの後悔。

JUNA夫は小さい頃本当におばあちゃん子で、おばあちゃんが大好きだったの。

忙しく働くお母さんの代わりに、必死でおばあちゃんがJUNA夫を育ててくれたのね。

でも途中訳あって、JUNA夫はおばあちゃんと引き裂かれることに。

そしてそれ以来おばあちゃんにはずーーーっと会えないでいたの。




それが、むすめが1歳ちょっとのころだったかな・・・。

突然我が家の電話が鳴り、

「おばあちゃんがあなたの名前(JUNA夫の名前)をベッドの上で呼び続けているので

会いに来てはもらえないか。」

と言われたわ。

おばあちゃん、もう先が長くなく、いつ旅立ってもおかしくないとのこと。

おばあちゃんも、ずーーーーっとJUNA夫のことを気にかけてくれていたのね・・・・。




JUNA夫は、すぐさま病院へむかったわ。もちろん私とむすめも一緒に。

小学生の頃引き裂かれて以来だから何年振りだろうか。

JUNA夫はよくおばあちゃんの話を私にしてくれていたの。

ずっと会えない想いが、余計におばあちゃんへの思いを強いものにしていたんだと思うわ。

とにかくこの人はおばあちゃんのことが大好きなんだなぁって微笑ましかったくらい。

それがこの突然の電話。

JUNA夫はどんな思いだっただろうか。




病院へ着いた時、

いろーーーーんな事情があって、私とむすめはおばあちゃんに面会できなかったの。

泣く泣く車で待っていることに。

JUNA夫だけがおばあちゃんの病室へ向かったわ。



小学生のころの記憶で止まっているはずなのに、

おばあちゃんはすぐにJUNA夫だとわかり

「幸せかい?」

と振りしぼるような声で聞いたそう。

JUNA夫は、

「ちゃんとお嫁さんも来て、むすめも生まれたんだよ。僕幸せだよ。」

って答えたそう。泣くのを必死でこらえながらね。

小さくやせほそったおばあちゃんは、何度もうなずいて、

涙を流したそうよ・・・。

そしておばあちゃんはとても安心した顔に変わったそう。



おばあちゃんはJUNA夫が会いに行った直後、

静かに息を引き取ったわ。

ずーーーっと待ってたのよね。JUNA夫が来てくるれるのを。



数十年ぶりのおばあちゃんとの再会が、まさに会える最後、

そしておばあちゃんにとっても最期になったわけなのよ。





・・・・・

JUNA夫はその後本当に悔いたわ。

おばあちゃんに、私とむすめを紹介できなかったこと。

小さい頃におばあちゃんが自分にくれた、たくさんの優しさが

今の自分を支え、そしてこうやって家族が築けていること、

それを示せる最後のチャンスだったのにって。

ありがとうって言える最後のチャンスだったのにって。



私もJUNA夫の妻として、

どんな事情があったにせよ、

なぜ、むすめを連れておばあちゃんに会いに行かなかったんだろう。

どうして、

むすめをおばあちゃんに会わせてあげなかったんだろう。

無理矢理でもいいから、

病室に入りこんで

おばあちゃんに、あなたの血が通ったひまごだよって、

そう言って

手と手を結んであげればと良かったのに・・・。

私、JUNA夫さんと一緒でとても幸せですって

おばあちゃんに自分の口で伝えたかったのに・・・。



そして

JUNA夫さんに愛をたくさんくれてありがとうって言いたかったのに・・・・。



言えなかった。

ほんの少しの勇気が持てなかった。




ただただ、後悔するばかり・・・・。




今でもJUNA夫とよく話すの。

あのとき、僕たちまだ臆病だったよねって。

今だったら

どんな事情があろうがしがらみがあろうが、

迷わず3人で病室まで行って、家族3人の姿をおばあちゃんに見せたのに、

どうしてそうしなかったんだろうねって・・・・・・。



とにかく後悔してるのよ。二人して。

過去などめったに振り返らないJUNA夫と私が

ずっと抱えている後悔。






あーーーーー、

どっちのおばあちゃんへの後悔も

「やらなかった後悔」なのよね。


何かをやった後悔じゃない。

とにかく「やらなかった後悔」なのよ。


「ドアを開けなかった後悔」

「会わなかった後悔」

「ありがとうって言わなかった後悔」








だから私達夫婦はこの頃言うの。

どうせ後悔するなら

やらないで後悔するんじゃなくて

なんでもやって後悔するほうを選ぼうと。



もちろん、人生、やらなくてよかった~ってことも多いにありうるけど、

私とJUNA夫は

「やらないで後悔」する人生はやめようと、

どうせ後悔するならやってから後悔しようと、

力を合わせて今歩いてるのよ。

やったほうのう後悔のほうが、やらなかった後悔よりも

すがすがしかったりするのよね。








そして、

「ありがとう。」

は思った瞬間に言うことも心がけてるわ。


ありがとうって

伝えられずに終わることはどんなに悔いが残るか・・・。

やっぱりそれはよくない。

ちゃんとその都度伝えなくちゃいけない一番の言葉なのよ。きっと。









おばあちゃんっていうのは

死をもってしてまで、何かを伝えることのできる

偉大な存在ってこと。

おばあちゃんと孫の関係というのはとても独特で

そこには誰も入り込めないような愛の形があるもの。



だれしもその愛の形に身に覚えがあるからこそ

きっとこの「トイレの神様」という歌が

今話題を集めているのかもしれないわね。

聞いたことがない方はぜひ聞いてみて欲しいわ。

忘れかけていた想いを思い出したり、

これからの人生に迷っていた時の何かヒントになったりも

するかもしれないよ。





もっともっと家族愛を大切に。

おばあちゃん、おじいちゃんを想う「愛」を大切に。

人間の基本じゃなかろうか・・・・。

どんな時代になっても、ここだけは忘れてはならない人間の心のベースなんだと思う。



0422a.jpg





とりとめもない文ですみません。

長文を読んで頂きありがとうございました。








↓ それぞれポチッと応援して頂けると嬉しいです^^

人気ブログランキングへ

子育てスタイルにも参加中♪ 

【当ブログの訪問・コメント返し・リンクについてはこちらをご覧になってね】


【☆コメレスコーナー☆】は続きを読むで→

⇒続きを読む

スポンサーサイト






人気ブログランキングへ

子育てスタイルにも参加中♪

各バナー、リンク先をクリックして頂く事でポイントとなり、順位に反映されるシステムになっています。

banner_pink.jpg  


現在の閲覧者数:

JUNA

Author:JUNA
夫と小学生の娘との3人暮らし。。。

お料理、ハンドメイド、ガーデニング、一眼レフカメラなど、そんな家族との日々の中でわたくしJUNAが、 生きがいや心の豊かさを感じられるものたちを書き綴っています。

大きな手術をしてから、日常をとっても大切に思うようになった私です。そんな気持ちが、このブログで伝えられたらいいなぁ・・・・って思っています♪

(c) 2012 JUNA STUDIO All Rights Reserved.

このブログのすべての文章の文責及び著作権はJUNAに帰属します。
文章・画像の転載・引用はご遠慮下さいませ。

特に、レシピの転載はお控え下さい。

JUNAの過去の作品はこちらから↓

banner.jpg

目次はこちらから↓

mokuji-b.jpg

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最新のお知らせ
★「はなまるマーケット」(TBS)に出演させていただきました。
(2012.8.30)
紹介レシピ:「和風キーマカレー」

★「我が家のネットごはん2」(NHK)で、「豚肉ときのこのトロっとポン酢炒め」 を紹介していただきました。
(2012.8.26)

★「女性セブン」(小学館)にて、夏の疲れた体にやさしいレシピを3品紹介させていただきました。
(2012.8.9)

★日経ウーマンオンラインさんの「夏疲れ解消!食欲回復お酢レシピ」の特集で「酢でさっぱり☆白菜と鶏ひき肉のトロトロスープ」を紹介していただきました。
(2012.8.8~)

こちら→

★子育てスタイルさんの、夏休みのお昼ごはんという特集で「さっぱりトマトの冷製パスタ」を紹介していただきました。
(2012.7.11~)

2012summer_ba.jpg

★レシピブログさんの「レシピグリーティングカード」で、「野菜も一緒に楽しむハンバーグ☆バターしょう油ソース」の写真を紹介していただきました。
(2012.6.4~)

★レシピブログさんにて殿堂入りをさせていただきました。
(2012.5.15)
インタビュー記事はこちら

300x90a.jpg

★「まいにちお弁当日和3」(イカロス出版)にインタビュー記事を載せて頂いています。
(2012.4.12)

★WEBサイト「XーBRAND」にて、“2段のお弁当箱で作る 素敵女子の「幸せ弁当」”という特集をさせていただきました。
(2012.4~)
関連サイトはこちら

★「steady」4月号(宝島社)にて、お弁当を3点とお弁当作りのノウハウを掲載させていただきました。
(2012.3.7)

★香取慎吾さん司会の「SmaSTATION!!」(テレビ朝日)23:00~に出演いたしました。
「白菜と豚肉のこくまろ鍋」を紹介させていただきました。
(2012.1.14)
 
過去のものはこちら一覧よりご覧下さい。
************

連載

★レシピブログさんにて連載をスタートしました♪
「ちょっとの工夫で家族がよろこぶ、JUNAごはんと盛りつけのススメ」(2011.8.3~)


★ラッピング資材、製菓資材等を取り扱う『cottaコッタ』さんのサイトにて連載スタートしました♪
毎月第一月曜日更新!
『JUNAっちの食卓へようこそ!』
(2011.3.7~)



★『cottaコッタ』さんのモニターブロガー企画に参加中。




(2009.8.13~)

★料理情報誌サイト「クイッキング」さんにて、お野菜を使ったレシピ連載全20回を担当させて頂きました。
「Quicooking からの挑戦状」というコーナーにて♪
(2009.7.29~2010.5.12)
第1回目(なめこの冷製パスタ)
第2回目(なすのお浸し)
第3回目(トマト&チキンカレー)
第4回目(ニラキムチ丼)
第5回目(お野菜バスケット)
第6回目(おかひじきのパスタ)
第7回目(鶏肉と落花生とさつまいのもバターしょう油炒め)
第8回目(ふろふき大根☆柚子味噌ソース)
第9回目(カラフル野菜とくるみのサラダ)
第10回目(オーブンでお手軽☆ネギの豚肉巻き)
第11回目(ふわふわキャロットシフォンケーキ)
第12回目(春菊とレタスの和風サラダ)
第13回目(きんぴら風五目炊き込みご飯)
第14回目(大和芋のフリッター)
第15回目(プチトマトのファルシー)
第16回目(菜の花と春キャベツのレモンペッパーパスタ)
第17回目(じゃがいもときゅうりのピリ辛炒め)
第18回目(トマト&バジルの簡単ソースdeオムレツ)
第19回目(香味野菜でしゃきしゃきサラダ)
第20回目(みつき芋deスイートポテト)

「クイッキング」さんのサイトの「主婦ばんざい」というコーナーで当ブログを紹介させて頂いています。
top-picture4.jpg (2009.5.11~)

★群馬県の地域情報誌「スマイフ」にてお料理レシピを毎月紹介させて頂いています。
(毎月10日発行、2009年5月10日より第1回スタート)
スマイフさんのホームページはこちら→

名前:
メール:
件名:
本文:

注意:読者の方から頂いたメールでの料理への質問には、記事内のコメレスコーナーにてお答えさせて頂いています。コメントから頂いたほうがレスが早くつきますので、もしよければそちらをご利用下さい。基本的には対個人へのメールでのお返事はしておりません。仕事関係のメールのみ返信させていただいております。ご了承下さい。

juna-a.jpg

1666.jpg

QR



bnr_aba2010_alphaj.gif